♪なごみと一緒に♪

  ヨーキー女の子★和★とのことを気まぐれに綴っています

幼稚園で教えてもらったこと-memo-

昨日の「幼稚園の入園体験」には、メッセージを沢山いただきましてありがとうございました。

がんばってね!!というエール とっても嬉しかったです。

また、一人ぼっちになっていた和について書いたところ、
「2-3回行けばなれるものだよ♪」とか、
「一人っ子にあるあるで、お友達とずっと遊ぶのに疲れることがあるんだよー。」と
教えて頂いたり・・・ありがとうございました!

DSC_8520 0517






今日は、昨日幼稚園入園体験でワタシが聞いたことと頂いた回答などをまとめます。

かなり、メモ感覚なので興味のない方はスルーしてくださいね。


今回なぜ幼稚園に通わせたいと思ったか?は昨日の記事の通り。⇒★★★


その上で、気になっていることを幾つか質問。




●私の手から、誰かの手に抱っこをしてもらうため渡そうとすると、
うーーーって言うことがある


【回答】
正面を向けて渡そうとするから。
相手の顔が大きく近づいてくるというのが、怖い体験となっている可能性があるとのこと。
ママに放棄された気になることもあるそう・・・。
だから、渡し方さえ変えればすぐに改善する。

その渡し方とは、なごみを相手にむけて渡すのではなく、自分のほう(ワタシの方)を向けて渡すだけでOK。

⇒できた!
その時、笑顔で渡すといいのだそう。
なごみ、うーって言ったり鳴いたりしなかったー。
DSC_8496 0517




●クレートに入れさせられない(というかワタシが下手なのだけど)

【回答】
(なごみは)キャリーバッグなどには自分から喜んで入るので、
全く問題がなく2.3回で入れるようになるでしょう。
本当に大変な仔は、キャリーバッグにも入れない仔はとっても時間が掛かるとのこと。




●お散歩の時、ワタシが横にいても他の人がリードを持った途端に歩かなくなる。

【回答】
(いつも散歩は、行きたいところに行かせてるので)好きなところに行かせてくれるママじゃないと歩きたくない!!となっている。らしい。

つまり、お母さん(ワタシ)次第です!!!
これはまた、お散歩の仕方を一緒に練習しましょうとのこと。

↑ワタシへのしつけ教室です

DSC_8495 0517




●基本的には和と二人暮らしなので、分離不安症とか大丈夫か?不安。

【回答】体験入園が終った後の回答は、「ほんの少しだけ感じる」と。
場慣れをしていないことが関係することもあるが、
お母さんが居るとき(カウンセリング中)は、お母さんからも先生からもおやつを口にしたが、
一人になると全く食べなくなった。

また、一般の方が見に来たときにお母さんを一生懸命探すしぐさをするからとのこと。


でも、初めての場所で動き回るし、お友達と挨拶もできるからかなり軽い方。
本当に重くなると、お母さんが出て行ったところから全然離れなかったり、
場慣れしていないところに入れられると震えて動けなくなることが多いということ。
だから、和の場合は現在はかなり軽い方ではある。

でもこれも、こちら(飼い主)の接し方が重要!
↑これまた、ワタシへのしつけ教室決定です(笑)。
DSC_8515 0517






またココからは、質問したことではなくお話の中で知ったことイロイロコーナー。

お散歩中のマーキングが多いという話の時のこと・・・
先生:足を上げますか?しかも、かなり高く上げますか?
ワタシ:はい、上げます。場所によっては、男子並みに上げます!
先生:女の子で足を高く上げる子は、「私が一番でいたい!!」という頑な性格の仔が多い
ワタシ:な、なるほど
DSC_8476 0517




体験中 ワタシの不在中のこと
先生:なごみちゃんは、かなり鼻が良い。
お母さん(ワタシ)が、姿は消して影からこっそり見ている時と途中退室してまた戻ってきたとき、必死にニオイをかぎだした。
姿や声が聞こえなくても、においでしっかり察知してますよ。
退室している時は、全くニオイをかぐことはなく(一般の方が来られた時、ワタシがいないか探していたけど)その時からお友達に挨拶したり、それなりにエンジョイしていた。

ワタシってそんなに匂うのか・・・とある意味心配になったそこじゃないから。


体験が終わり、和を受け渡してもらったときのこと

なごみは、寂しかったからか キャンキャンキャンとすごく鳴いた。
先生:いつもこんな感じなのですか?
ワタシ:家にいるときは、外で音がしたり雷がなっても、インターフォンでも全く鳴かない。
お散歩中に、ワンちゃんに遭遇したり吠えられても全く声を出しません。
でも、トリミングやホテルから戻ってくるときに、こうやって声を出して鳴くことがある。
先生:興奮して声を出す仔・出さない仔が居るのだけど、和ちゃんは前者っぽい。
これもコツがあるんですよ!

↑ここでも、ワタシへのしつけ教室して頂きました。

先生:「大丈夫よ」と声を掛けて落ち着く仔も居るけれど、なごみちゃんの場合は
何も声を掛けないでいてください。

ワタシ:(我慢・・・)

⇒すると鳴き止んだ

先生:鳴き止んだら、頭のてっぺんから尻尾の先まで10秒位かけて優しく撫でてください。
かなりかなりゆっくり・・・。

⇒すると、めっちゃ落ち着いたーーー

でもこの撫で方は、きちんとコツがあるようなのでまた詳しく教えていただこうと思います。
DSC_8499 0517




当たり前で失礼なことなのですが、先生ってやっぱりすごい!プロですね。

ワタシは今まで、かなり自己流にしていたことを反省・・・。



こうやってまとめてみると、その仔の性格もあるでしょうけど
明らかに「結局、飼い主がどうか?」が良くも悪くも影響することを実感です。




あらためて


なごみと一緒にがんばりまーす。
DSC_8500 0517






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Instagramやってます♪
nagomi_photgallery
Instagram







いつもありがとうございます♪
最後にポチっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted by かりん on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。