♪なごみと一緒に♪

  ヨーキー女の子★和★とのことを気まぐれに綴っています

初めての病院は?

本日は、文章多めの上に長めデス。

昨日いった病院にいった話です。
DSC_5444 0109



特に体調が悪いということではなかったのですが、
できれば和の生涯ずっとお世話になれるようなところがあればと思い色々な病院をと考えてました。



和は、生まれつきパテラや歯が弱いという病気はあるものの、
あり難い事に(今の所は)日々の生活に支障がある持病はありません。
だから病院も、ワクチンなどでしか病院に行くことがないくらい・・・←本当にありがたいこと。
DSC_5350 0110



でも今年は3歳。


まだ若いけれど、あっという間に年は取るし体の不調を声に出せないワケです。
だから、今は大丈夫でも将来パテラや歯で痛い辛い思いをさせたくないため探していました。







すると、ワタシの考え方と近い病院を発見!!!


簡単に言うと『なるべく自然治癒力を高めながら、健康でいましょう』という方向性の病院

東洋と西洋獣医学を融合させたような病院なんです。

DSC_5275 0110




ワタシは特に『歯』について心配しているので、まずは電話で問合せをしました。

そうすると、院長先生の対応がとても丁寧!

そりゃー即予約でしょうという事で、昨日行ってきたわけです。





まずは、先生のインタビューと触診。
かなり細かく、日々の食事やお手入れ(デンタルケア)についてインタビューをしていただきました。

触診では、和の体をじっくりと触りこんな風に結果を教えてくださるんです。
↓↓
DSC_5479 0110



現在和は、問題にするほどではないけれど、軽く胃もたれをしている感じ・・だそう
触るだけで、それぞれの内臓がどうなっているかを教えて頂きました。すごーい。



原因はワタシのご飯の与え方が、脂肪分を多めにする与え方なんです。

最近体重が低下気味だったので、沢山食べさせようとしていたんですよ





あ、ちなみに↓↓↓
なぜ歯の状態が気になるのに、体の中(内臓)の状態を知る必要があるかというと、口(歯)は内臓の延長上という考えからだそう。

和はエナメル質が少ない部分があるため、
外的な要因(食べ物)などで歯や口の中に影響を与えることはあるのだけれど、
殆どの場合は内臓の調子がよければ口腔内は抗菌ができ、歯石がつきにくく、口臭も起こりにくくなるとのこと。

だから、口の中の状態以上に内臓の状態を見る必要がある のだそうですよ。








と言う事で(めっちゃ端折る・・)


体に合わせて丁寧に食事のアドバイスをしてもらい、
DSC_5480 0110



内臓の環境を整える漢方の煎じ液を処方してもらいました
DSC_5466 0110
↑保険適応されて助かったーーーーといっても、元々そんなに値段は高くないよ
これは、毎日の歯磨きの時に付けて口腔内に行き渡らせます。

容器に入れて冷蔵庫に入れててねという事だったので、言いつけを守ります
DSC_5478 0110

今少し胃もたれをしているものの、内臓関係はとっても健康と言われました
でも、もっと健康的になってずっと保てるようにしたいです。





また、食事以外でも親身になって考え教えてくださるのでとても良かったです。
での相談も院長さんに直接できるのも安心♪
DSC_5452 0110


去年は幼稚園をメインに、ワンちゃん同士の関わりを大切にしました(今年も継続だけど♪)。
今年は、しっかりと健康に向き合って健康体の基盤を作っていく年にしよう!!





ちなみにこちらの病院は、手術などはしていません。
基本的には、マッサージ、食事療法などがメインになるようです。
(ワクチンなどはされていますが、副作用を抑えるために漢方も処方されるみたい)



ただただ長いだけで全然上手く書ききれないワタシですが、記録目的も兼ねて書いてみました。




そうそう、院長先生はワタシの大好きなLexy PetsさんのHPでヘアケアアイテムについてコメントされてました!
後から知ってびっくりすごく偶然の出会いとご縁に感謝です。







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Instagramやってます♪
nagomi_photgallery
Instagram





いつもありがとうございます♪
最後にポチっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category : 病院
Posted by かりん on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。